薄毛の前兆をしっかりお把握すること

何事にも前兆があるように女性の薄毛にもちゃんと前兆があります。

私の経験と調べたことを混ぜながら紹介していきます。

もちろん「20代や30代で薄毛に悩む女性が急増している」で紹介している若年性脱毛症の原因も薄毛の前兆になるのでチェックしておいてくださいね。

私の場合は、4つほど前兆があったのですが、何も情報を調べていなかったらので全然気にしていませんでした。

今思えば後悔しても後悔しきれません・・・(泣)

薄毛になる4つの前兆

前髪が細くなってくる
髪の毛の毛質はもともと太いほうだったのですが、前髪が他の頭頂部や側頭部の髪の毛に比べて細くなってきました。

最初は細いと感じずに、ハリとコシがなくなってきた感じがしました。

調べたみると、前髪は頭頂部や側頭部に比べて頭皮に栄養が行き渡りにくい部分みたいです。

つまり、薄毛のサインがでていたことに気づきませんでした。

頭皮が痒くなってくる
頭皮が乾燥した感じになり、痒みがすごいでてきました。

今にして思えば、頭皮環境が乱れていたってことみたいです。

つまり、ヘアサイクルが乱れはじめている証拠です。

髪や頭皮がべたつく
これは私は経験しなかったのですが、髪や頭皮がベタつくということは、頭皮から過剰な皮脂がでているということみたいです。

皮脂が多く分泌されるということは、毛穴が脂でつまったりして、頭皮環境を乱す原因になるみたいです。

つまり、ヘアサイクルが乱れる原因になります。

前兆を感じたらすぐに対処すべき

若年性脱毛症を防ぐためには、前兆を感じたらすぐに対応することです。

基本的に前兆は生活週間の改善と頭皮ケアを見直すことで対応することができます。

例えば、「前髪が細くなる」原因は栄養不足、もしくは、頭皮の血行不良です。

そういった場合は、しっかりと栄養をとることと、頭皮マッサージを行い血行の促進をすることです。

前兆に気づかずに同じ生活を繰り返していると20代、30代で薄毛に悩む確率が高くなってしまうので、しっかりと対応してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ