20代や30代で薄毛に悩む女性が急増している

調べていてビックリしたんですけど、最近20代から30代で私と同じように薄毛で悩む女性が急増しているそうです。

イメージとしては、更年期以降の女性が抱える悩みかと思っていました。

つまり、老化による「薄毛と抜け毛」の症状しかないと思っていましたが、実は最近は事情が異なってきているみたいですね。

行きつけの美容院の担当の女の子にも思いきって聞いてみましたが、「最近多いんですよ~若い人で頭頂部の薄毛に悩む女性が・・・・」って言っていました。

原因はもちろん「老化ではなく」現代人らしい理由がありました。

ちなみに、若く髪の薄毛や抜け毛で悩む症状を「若年性脱毛症」と呼ぶみたいです。

若年性脱毛症の主な原因

先程も紹介しましたが、20代や30代で生じる若年性脱毛症の原因は老化ではありません。

まだ悩んでいない人も悩んでいる人も当てはまる項目があったら「要注意」ですよ~

無理なダイエット

最近ではいろいろなダイエンットが雑誌やテレビなどで取り上げられている影響もあり、無理なダイエットをする女性が急増しています。

例えば、炭水化物を抜く炭水化物ダイエットであったり、食事を抜く酵素ダイエットなどです。

若い女性は無理なダイエットは身体に何も影響がないと思っている人が多いのですが、実はいろんなところに影響があります。

食事を抜くということは栄養バランスが乱れるということです。

栄養バランスが乱れると髪の成長に関わる女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が乱れます。

また、栄養不足になってしまうと髪の毛をつくる頭皮の毛母細胞に栄養が行き渡らなくなり、痩せ細った毛が生えるなどの薄毛の原因になってしまいます。

パーマやカラー
おしゃれのためにカラーやパーマを頻繁にかける人は要注意です。

パーマやカラー剤の種類によりますが、一般的には、頭皮環境を乱す原因になります。

頭皮環境が乱れると「ヘアサイクル」が乱れる原因になり、薄毛や抜け毛が多くなる原因になります。

間違った頭皮ケア
20代や30代の薄毛の原因で一番多いのが間違ったスキンケアです。

最近では「市販のシャンプー」の種類が増えていろいろなシャンプーが販売されています。

しかし、シャンプーの成分によっては頭皮環境に悪影響を与えるシャンプーもあります。

また、シャンプーのつけすぎやすすぎ不足によるシャンプーが頭皮に残ってしまうことも頭皮環境には悪影響です。

つまり、ヘアサイクルを乱す原因になります。

睡眠不足
睡眠不足も若年性脱毛症の原因になっています。

睡眠不足は女性ホルモンの分泌を乱します。

先程も紹介しましたが、髪の成長にかかわるエストロゲンの分泌が乱れてしますと薄毛の原因になります。

簡単に紹介しましたが、20代や30代の女性が薄毛や抜け毛で悩む原因になります。

実際に悩んでいる人は、一度見なおしたほがいいかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ